山外乗

山外乗

山外乗の様子

まずは山外乗。馬に乗ったままトレッキング・登山をするといった雰囲気で、バードウォッチングなども可能です。

高台に登って下界を眺めたり、新鮮な空気を味わうことができるでしょう。

ある程度の山脈が連なったあたりには必ずと言って良いほど、ビジターを受け入れてくれる乗馬クラブがあります。

気をつけたいのは服装です。当然長袖が好ましいです。

虫や枝などから腕を守ってくれるし、山に入ってしまえば夏でもそんなに暑くないことが多いからです。

山岳を歩くので、サラブレッドよりは中間種や和種などの山岳に強い品種で、足の太くて穏和な性格の馬が適しています。

高原外乗は山外乗に似ています。

馬が川に入る

起伏のある丘を駈歩で登ったり、鐙丈まである草むらの中を進んでみたり。

山外乗で制限されがちな駈歩騎乗を思う存分楽しめるでしょう。

高原外乗で好まれる品種は、ある程度スタミナのあるサラブレッドや中間種です。

岩石が少なく、草原ばかりのコースであれば、サラやアラブでも十分にこなすことが出来ます。

2010年03月28日